07.11更新【新型コロナ】ノルウェー現状

ちょっと特別な、春の散歩

もうしばらく、投稿出来ていなかった4、5月のことを綴ります。

4月のある日。

その日は、いつもの散歩コースより少しだけ遠回りして、素敵な桜並木を見てきました🌸

開放感のある真っ青な空と、

みずみずしく広がる野草と、

満開に咲いた桜。

最高かーーーっ🤩!🌸 

咲良は、桜が満開のこの素敵な季節に生まれてきたんだよ」と…

毎年、桜を見るたびに言い続けるであろう言葉を、ここぞとばかりに浴びせた😚

その言葉に応えてくれるように、桜に触れてみたいー!と一生懸命手を伸ばす姿がなんだか嬉しい💓

この時は、歩けるようになってまだ間もない頃。
前回の記事同様、やっぱり歩くのがとにかく楽しいようで、この日も嬉しそうに、そして真剣に、たくさん歩いていました😊

しっかりと手を繋ぎながら✋💛

野草の中をずかずか一人で歩けば、すぐ転ぶ。そしてまた嬉しそうに立ち上がって、歩いては転ぶ(笑)

何度も転んでは立ち上がって、また歩く💨

野草のおかげで、転んでも全然痛くないようで良かった🙌

♪すってん ころんで 

すっくとすぐ たちあがる

すすめ!すすめ!すってんすっく~♪

おかあさんといっしょの、5月の歌そのものだね🌟

毎日の散歩には、1歳の誕生日であげたMiki Houseのシューズが本当大活躍!

1歳の誕生日に購入した時のサイズは12.5㎝。娘は、平均より少し足が大きめ。またすぐに大きくなるし、一回り大きい13㎝を買うかお店の人も含めて迷ったんだけど、歩き始めという一番大切な時期にサイズが合わない靴を履かせるのは、なんとなく気が進まない…ということで、サイズは12.5㎝を購入。

そして、もうすぐ1歳3か月の今すでに、12.5㎝はそろそろ限界かも?っていうくらいピッタリ😬😬😬

うーーーー…ど、どどどどうしよう(-“-)💦

Miki Houseの靴の作りがすごく気に入ってて、その中でもまたこのジーンズのデザインがとても好きだから、まったく同じものでサイズがもう少し大きいのを日本にいるうちに買っておくべきなのか否か…と真剣に迷い中。

でも13㎝買ってもまたすぐ履けなくなるよなぁ。

…と、話が逸れました( ゚Д゚)

嬉しそうな顔をしているこちらの写真。何をしているかというと・・・・

実は、石を口に入れようとしているところ😨😨

外に落ちている石を口に入れるなんて、大人になったら絶対しない(したくもない)けど、無垢なこどもは、何かわからないものはとりあえず口に入れて確かめるのよね…。(苦笑)

うげっ!!と思うことはたくさんあるけど、先入観や偏見がなにもない、小さなこどもの目線で物事を見るのが、草花鑑賞とあわせて最近の楽しみのひとつ。

「石をなめるなんて、汚い!やめて!」…という気持ちは一旦置いておいて、娘がどうして石を手に取ったのか、石をなめてみようと思ったのか、そんなことを考えてみると、なんだか楽しくなってくる😌

全身をフルに使って、この世界を感じ、学びとっていくこどもの姿。最高です。

そして、こどもの目線の近くには、やっぱり野草がたくさん🌼

菜の花、と呼んでいたこの野草は、セイヨウアブラナ。

薄い紫が可憐なこちらは、ハマダイコン。一個前のと同じアブラナ科で、花も茎も根も、食べれるんだって!

一輪挿しにして飾ってみても映えそう🌷

うちの小さな人間さんも、ハマダイコンの花が気に入ったようで、摘んであげると嬉しそうに散歩のお供にしてました😚

来年か、数年後か。また春の季節に日本にいることがあって、この同じ桜の木の下で写真を撮るときには、どれだけ大きくなっているんだろうなぁ。

その頃には、この辺の野草にもう少し詳しくなっていて、もっともっと散歩が楽しくなっているんだろうなぁ😎🌞

わたしのもとに来てくれて本当にありがとう。

Nina


👇1日1クリックで👇
応援よろしくお願いします👶🏻🌸
にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です