12月21日 冬至の奇跡 》

スポンサーリンク

《2020年》今年の抱負

新年を迎えたら、やっぱり考えずにはいられない、今年の抱負!

今年が始まってからはや1週間。正直、全然思いつかない😅

学生時代、部活も受験も全力で向き合ってきたお陰で、目標を立てるのも、それを追いかけるのも結構好き。やりたいことや成し遂げたいことを聞かれると、いつもリスト化できるくらい沢山あった。

はずなのに…

2020年になって、改めて、

この一年どんな一年にしたいかな?

 

何を成し遂げたいかな?

考えてみると、頭に浮かぶのは…

娘が笑顔いっぱいで
健康な毎日を過ごせますように。

それだけ!!!

毎日少しずつ、でも気づくとあっという間に成長していく娘の姿を、毎日しっかりこの目で見て、感じていたい。娘の笑顔が見られれば、他に何も要らない…!

あれ…向上心に溢れた自分はどこへ行った😂?(笑)

今までは、一年後こうしていたい、五年後こうなっていたい、将来こうでありたい!と、常に「未来」に目が向いていた気がする。でも良くも悪くも最近は「現在」…“今日いまこの瞬間”が凄く大切で。

今日こうして、娘の成長をそばで見守れることが何よりの幸せ。明日も一年後も変わらず、一緒に笑っていられますように。

それしか思い浮かばなくて、もう、今年の抱負は「娘と一緒に、笑顔いっぱいで過ごす!」でいいかー!

…と。

いや、やっぱそれはダメだ(笑)

常に「よりいい自分になるためには?」と意識して生きてきたはずなのに、ここへきて「目標は《現状維持》」はさすがに落ち着かない!

恐らく、いま全然思い浮かばない理由は、年末年始という最高の時期に日本に帰省して、脳内フワフワ状態だからなんだと思う。。。(ノルウェーの良くも悪くもゆるい人生の送り方に、順応し始めたというのもあるかもしれないけど…笑)

そういえば数ヶ月前に、自分の人生を見つめ直した時にブログ書いたなあ…

迷える子羊、ジンギスカン。 2019年、残り70日

うんうん、なんとなく思い出してきた。

カッコいい女性であり、
カッコいい母でありたい。

そうだった。

母として過ごす毎日があまりに幸せで、それさえあればと思っていたけど、母であり、24歳の未熟者でもある。人生まだまだこれから。ここで立ち止まってちゃ、もったいない!

やれることはたくさんある。

やりたいことも、たくさんある。

史上最高の自分であり続けるために、今年もぼちぼち頑張っていこう。

…ということで一人の《母》として《女性》として、分けて考えて決めた目標がこちら。

一人の女性としての目標

  1. 目標:デジタルイラストに挑戦する
  2. 目標:理想の体型になる
  3. 目標:ノルウェー語の試験でB2レベルを取得する

一人の母としての目標

  1. 目標:写真をアルバムにする
  2. 目標:モンテッソーリ教育を学ぶ
  3. 目標:カメラを使いこなせるようになる

娘と一緒に、笑顔いっぱいで過ごす!は大前提として、女性として母としてそれぞれ3つずつ、目標を意識しながら日々精進していこう。

Nina*


👇1日1クリックで👇
応援よろしくお願いします👶🏻🌸にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です