12月21日 冬至の奇跡 》

スポンサーリンク

アレルギーの検査結果


アレルギー反応で一日入院した1週間後、病院から自宅に手紙が📮

内容は、アレルギー検査の予約日程について。

手紙が届いたのは「10月1日」、指定された日にちは「10月28日」。アレルギー反応が出てからなんと1ヶ月も後😂!💦

さすがノルウェー、高福祉社会で医療が無料のこの国は、お金はかからないけどとにかく時間がかかる。病院はいつも予約でいっぱい!今回も例外なく、検査までの日にちは長め。

知り合いに会う度、「咲良ちゃんのアレルギーなんだった?」→「検査まだ先なんです〜😵💦」という会話をしながら、待つこと1ヶ月。ようやく検査の日がやってきました💡

🏥Ullevål sykehusへ

Barnesenteret Ullevålsykehus

Hovedinngang = Main entrance/ Barnesenteret = Child center

咲良が産まれた病院であり、この前アレルギー反応が出た時にひと晩入院した病院へ。

受付を済ませるとすぐ、看護師さんが来て咲良の身長・体重を測定📋

この日はちょうど咲良が7ヶ月の日だったから、ちゃんと病院で測ってもらえてラッキー🤤✨

7m0d
8385g / 69.8cm

ズリバイが始まってから、そして8kgを超えてから、だいぶ体重の増え方が緩やかになってきたな〜👶🏻🌸

そういえば、この看護師さん。。。ノルウェー語分かりづらいなあ〜…ノルウェー語やっぱ難しいな😵💦と思ったら、スウェーデン人だった。分かりづらいノルウェー語と思っていたのは、スウェーデン語だった。。。通りで理解できないわけだ😂😂

デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語は似ているから、みんなそのまま母国語話すという北欧あるある🇩🇰🇸🇪🇳🇴彼らは小さい時から触れているから分かるんだろうけど、ノルウェー語を必死で勉強しているわたしにはちょっと難しすぎたよ。

🐟に興味津津な待ち時間。

その後は今日の担当医のところへ👩‍⚕️

どうやら、アレルギー反応が出て病院にかけこんだときに採血した血液で、すでに血液検査をしてくれたらしい(その時、「これでアレルギー検査してくれるの?」って聞いたら、「これは一般的な検査のために使うからアレルギー検査はまた後日採血するよ」って言われたんだけどな🙄💨)。

結果は…

🌾小麦:アレルギーなし
🥚卵:アレルギーあり
🥛牛乳:アレルギーあり

牛乳と卵にアレルギーがあるそうです😢💫

でも、一番心配していた小麦は全く問題なし👌不幸中の幸いってやつ…いやあ、良かった〜😂💦

卵や牛乳アレルギーは赤ちゃんによくあるアレルギーで、ほとんどの子は成長とともに治っていくらしい。2,3歳までには治るから、それまでの数年辛抱だ〜😣💦

念の為、その場で結果の分かる
パッチテストも📝

ペンで番号をふって、アレルゲンを1滴垂らし…

アレルゲンを垂らした部分を針でチクッと!😱

スウェーデン人看護師さんの手際が良かったお陰もあってか、咲良はビックリはしてたけど全く泣かず😢✨じっと頑張る娘の姿に、親が泣きそうだった😂

20分間別室で遊んだ後、反応をチェック。

調べてくれたのは、①小麦、③牛乳、④卵、そして⑤大豆

写真だと見づらいけど、やっぱり③牛乳と④卵がくっきりと反応あり😣この検査でも、①小麦と⑤大豆は大丈夫だった🙆


担当医のところに戻って、再び診察。

牛乳や卵アレルギーだと、母親が摂取するだけでも母乳を通して赤ちゃんがアレルギー反応を起こすことがしばしば。だから母親も、子どもがアレルギーのある食材を避けるか、母乳をやめて粉ミルクにするっていうパターンが主流らしい。

でも、咲良はそこまで強いアレルギーじゃないのか、今までわたしは普通に卵も牛乳も食べてきたけど反応は特になかったので、そのまま食べ続けてもOKだと😳✨

毎日ゆで卵とカフェラテを欠かさず食べ&飲んでいるから、助かった…😂✨

ただ、卒乳した後、他の子が牛乳で摂る栄養素を咲良は摂取できないから、牛乳の代わりになる牛乳アレルギーの子用の粉ミルクを処方してくれた😳✨

それから、咲良の肌が少し乾燥しているのをみて、保湿クリームも処方してくれた!肌が荒れているとアレルギー反応も出やすいという理由から、これは保険適用で無料でもらえるらしい🙏💫

●今回処方してくれたもの●

 

✓アレルギー対応 粉ミルク

✓保湿クリーム

最後にもう一度採血💉

前回の血液検査で、大麦(Havre)を調べていなかったから、再検査のためにもう一度採血💉大麦アレルギーの人は珍しいから調べなかったらしいけど、ノルウェーでは、色んな種類の穀物が入ったパンやシリアルが多いから、調べておいて損はない。と担当医の人が勧めてくれた🙆

「患者とお医者さんが相談して治療方法を決める」というルールがあるノルウェー。だから、担当医の人はかなり丁寧に、しっかり時間をかけて診察してくれる👩‍⚕️✨色々欠点も多いノルウェーの医療だけど、こういうところは有り難い。

卵と牛乳アレルギーだってよ〜

とりあえずお疲れ〜👶🏻

アレルギーに関してはこの後、1歳になる頃にまた検査に呼ばれて、数値によってはちょっとずつあげて慣らしていったり見送ったり、またしばらく経ったら検査したりという風に、数年は寄り添ってくれるらしい😳✨

今回の診察では、薬も治療もすべて無料でした。ありがとう、助かりますノルウェー🇳🇴

nina*

 


👇良かったら1日1クリックで👇
応援してください 👶🏻🌸にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です