12月21日 冬至の奇跡 》

スポンサーリンク

保健師さんの家庭訪問

1週間、とことんお世話になったお義母さんの滞在も今日まで。

最終日のデザートは、ベイクドチーズケーキ。激ウマだった〜😭✨

お義母さんがいなかったら餓死していたに違いない、、、本当に感謝。

 

お義母さんを見送った後、午後は保健師さんの家庭訪問‼

先日の助産師さんは、妊婦の間の面倒を見てくれる人🤰今日来る保健師さんは、産後赤ちゃんの成長やワクチン接種の管理などを担当してくれる人🤱ノルウェー語では“Helsesøster”(英語に直訳すると、Health Sister)といいます。

このHelsesøster、人によっては、子育てに関してかなり首を突っ込んでくるらしい…特に外国人相手だと、ノルウェーで良いとされている育児方法を押し付けてくる場合もあるんだとか。

去年まで、このHelsesøsterと初めて面会するのは産後1週間〜2週間の頃だったのが、今年から産後いきなりではなく、妊娠中に一度、事前の顔合わせが行われるようになり、わたしも臨月の時、担当の保健師さんと面会済み🙆

その時、特に育児に関して首を突っ込まれて嫌な気持ちをすることはなかったけど、よくよく考えるとわたしや旦那さんの育った家庭環境、現在の家族との仲の良さ、夫婦関係、ご近所付き合い…個人的なことを色々と聞かれた😂😂久しぶりのノルウェー語での会話をただただ(必死に)楽しんでいたから、あまり勘ぐったりしなかったけど、今から考えるとそれも赤ちゃんの生活環境に対する偵察だったんだろうな〜🙄🙄

 

🌼助産師さん到着🌼

15分遅れて、助産師さん到着。旦那さんと助産師さんは初対面!何を聞かれるのかな、、😨とドキドキしていると、

「何か質問したいことはある?」

まさかのこちらから質問する形式😳😳😳‼‼いきなり過ぎて、戸惑った(笑)ノルウェーでの育児に関しての疑問は、4日前に全部助産師さんに聞いていたので、特になし。「特にありません…」という微妙な展開に😂

質問タイムをすっ飛ばし、ワクチンの話へ💉妊婦の時に使っていたノルウェー版母子手帳「Helsekort for Gravide」(日本の母子手帳の前半部分)の子ども版をもらいました📑この小さなカードが、日本の母子手帳の後半部分に相当するとは…シンプル🙄笑

 

 

しかも字が汚い上に、めちゃくちゃ間違え&訂正してある…😨新しいのに変えてくれないかな😱😱😱(データは実際全部オンラインで管理されてるから、紙でもってなくてもいいらしい…。)

表面には子供の名前や住所、保健所・保健師の情報、そして身長・頭囲・体重を記入する欄。

裏面には次回の予約日時、各ワクチンを接種した日付を書く表があるだけ‼

日本の母子手帳のように、成長曲線とか、〇〇が出来るようになった日付とか書く欄はもちろんない🙆😂💨そのままワクチン接種のスケジュール(だいたい日本と同じ)を聞いて、最後に赤ちゃんの体重測定👶🏻🌿

出生時 3320g
生後 6 日目 3190g
生後11日目 3580g
生後15日目 3820g

 

ちゃっかり増えてる😳‼新生児の赤ちゃんは一日 30g ほど増えていくのが平均らしいけど、咲良はほぼ倍のスピードで体重が増えている…(笑)増えすぎな分は心配する必要がないらしく、助産師さんも保健師さんも、「第一子なのに完全母乳で最初からここまで体重が増えるのは、とても良いこと。パーフェクト🙆💯」とのこと🤭良かった良かった。

計30分ほど話して、保健師さんは早くも退散。わたしの担当保健師さんは、そこまで首を突っ込むタイプではないらしい🤪🌸あまり口うるさい人だったら、担当者変えてもらおうかとも話していたけど、この人ならまあいいかな。

 

ほっぺがプクプクしてきた🤭💨

体重の増加は、数字だけじゃなくてしっかり体にも現れている…特にほっぺにお肉がついてきた🐷💞これからもっと腕とか脚にもついてきて、ムチムチしてくるのかな〜😚😚😚🌷

 

nina*


👇良かったら1日1クリックで👇
応援してください 👶🏻🌸にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です