12月21日 冬至の奇跡 》

スポンサーリンク

退院後の生活①【旦那さんヒーロー】

退院してから6日。少しずつだけど、毎日着実に回復へ向かっていくわたしの体。

人間の自然治癒力の凄まじさを身をもって体験中です😳‼

とりあえず退院してから最初の3日間を振り返ってみる。

 

●退院した日

産後の顔のむくみ、イキミによる頬の内出血も落ち着いてきて、久しぶりに軽くメイクもして💄✨明らかに顔色の良くなった自分を見て、心も元気になりました🤭💞 

写真は、出産を担当してくれた助産師さんと!この人と何度もやった掛け合い…

PUSH!! PUSH!!! CAN YOU PUSH
JUST ONE MORE TIME!?

(もう一回だけいきめる!?!?)

NOOOO I CAAAAAAAAAN’T!!!!!
(無理〜〜〜〜〜〜‼)


…そう言いながら頑張っていきんだのは、一生忘れない…😂✨

退院の日は病院からタクシーに乗って帰宅するために、咲良は初めてのチャイルドシート。大きくてもこもこな服に包まれて、シートベルトをされてブランケットをかけられて…苦しくないかな?という心配はどこへやら、意外と落ち着くのか家までずっと静かにおとなしくしていてくれました👶🏻🌱🚗

ようやく帰宅。久しぶりの我が家はやっぱり落ち着きます🌼それに、もう採血やら触診やらで痛い思いをしなくていいんだ…という安堵にも包まれました😖🌸赤ちゃんも家のソファに置いてみると、病院よりリラックスした様子♬

 

我が家へようこそ🤭💐💞

 

 

●退院からの2日

退院してからの2日は、まだ寝ているところから起き上がったり、赤ちゃんを抱き上げるのがしんどい、しんどい😖💦入院中と同様、授乳のタイミングになると旦那さんを呼んで、寝ているわたしの横に赤ちゃんを持ってきてもらって…授乳が終わったらオムツ替えもしてもらって😔💨それは夜中の授乳も同じで、寝ている旦那さんを起こして協力してもらわないと、我が娘に栄養を届けられない状況でした。

協力的な優しい旦那さんで本当に良かった…と毎晩痛感😭😭
一人だったらどうなっていたことか…

他に退院してから困ったのが、3食のご飯!入院中は、病院のカフェテリアでいつでも好きなものが食べられた。(しかも意外なことにどれもかなり美味しかった‼✨)

一方、家に帰ってくると、冷蔵庫は空っぽ、その上自分に食欲がないもんだから、何を作ればいいか全然思いつかない…、😂😂😂

ということで結局ご飯も、旦那さん担当に🙋‍♂️

早く元気が出るように、と鶏肉をまるごとつかって出汁をとった、特製鶏ガラスープを作ってくれました😢鶏ガラスープの素をつかうのと、本物の鶏から出汁を取るのじゃ、スープの透明感がまるで違くて、本当に本当に美味しかった!🤩🌸心も体も温まって、本当に元気がでるスープ🌱

美味しくてちょっと飲みすぎて、スープが少なめになっちゃったけど、その後はラーメンにして頂きました🙏✨

 

●退院後3日目

この時点で出来ないことは、足を閉じて普通に歩くこと🚶‍♀️、そして椅子に座ること‼そしてトイレに行くたびに傷口に走る激痛😭⚡ただ、起き上がるときの痛みがかなり引いてきて、鎮痛剤さえ飲んでいれば、夜中に旦那さんを起こさなくてもひとりで授乳できるようにまで回復してきました💪‼✨

食欲は相変わらずなくて、料理をする気は全然起きないけど、痛みを忘れて赤ちゃんと戯れる時間が果てしなく幸せ🤭💞毎日毎日違う顔をみせてくれて、本当に飽きないです😍

生まれたばかりの赤ちゃんが、ふと笑ったような表情をみせるこの現象は、「エンジェルスマイル」と呼ばれる原始反射の一種らしい👼生後2ヶ月ころまでしか見られない貴重な笑顔♬本当に天使のように可愛い😳今のうちにたくさん堪能しておこう…🌺

この無邪気な小さな人間さんをしっかり守っていくためにも、たくさん面倒をかけている旦那さんのためにも、一刻も早く元気にならなきゃ‼😤💪🔥

nina*


👇良かったら1日1クリックで👇
応援してください 👶🏻🌸にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です